【はじめての InterSystems IRIS】セルフラーニングビデオ:アクセス編:Python の NativeAPI に挑戦

Solapas principales

Python から InterSystems IRIS へ接続する方法の1つである「Native API」(※)の使用方法ご説明します。

※ Python からのアクセスは、Native API の他に、PyODBC を利用した接続方法もあります。PyODBC の利用については別の記事でご説明します。

もくじ

最初~1:47 前回のビデオの学習(セルフラーニングビデオの索引記事もご参照ください)

1:47~3:18 今回の説明内容解説

3:18~5:14  Python Native APIを利用するための準備

5:14~10:48 IRISに接続する~^employee(1)の作成と参照

10:48~12:49 グローバル変数のサブスクリプトのループ方法(Iteratorの使い方)

12:49~14:19 グローバル変数の削除とコネクションのクローズ

14:19~20:21 国税庁が公開している都道府県別酒類消費量をグローバル変数に登録する (東京のアルコール消費量の登録)

20:21~21:43 大阪のアルコール消費量の追加登録

21:43~24:22 ^Alcoholから東京だけのデータ取得

24:22~27:22 ^Alcohol全件取得

27:22~28:27 特定のサブスクリプトの情報を削除する

28:27~30:53 おまけ(Pythonの便利なパッケージをインポートし、CSVデータのグラフ化)

30:53~最後まで まとめ

※ YouTubeでご覧いただくと、「もくじ」の秒数クリックでビデオをジャンプできます。

 

サンプルコード(Git)